--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-01-17(Tue)

Windows XP SP2以降でexe実行時の「発行元を確認できませんでした。・・・」

Windows XP SP2以降で、他のパソコンでインターネットからダウンロードしたexeファイルを実行すると、「発行元を確認できませんでした。・・・」と表示されることがあります。
発行元警告1

この警告画面にある「この種類のファイルであれば常に警告する」のチェックを外す意味についてです。

このチェックをオフにした場合には、そのexeファイルに埋め込まれているZone.Identifier情報が削除されるので、以降警告が表示されなくなります(EXEファイルを右クリックし、[プロパティ]を表示し、[全般]タブで[ブロックの解除]ボタンを押したのと同じ結果です)。
発行元警告2


「この種類のファイルであれば常に警告する」のチェックを外すか、[ブロックの解除]を行うと、exe実行時の警告は表示されなくなりますが、もし再び表示させたい場合には、Zone.Identifer情報をexeファイルに追加する事で可能です。

最も簡単な方法は、コマンドプロンプトやファイル名を指定して実行画面で、
notepad :Zone.Identifier
と入力し、「新しく作成しますか」に対して「はい」で答え、メモ帳に以下の2行を入力して保存します。
[ZoneTransfer]
ZoneId=3
発行元警告3

発行元警告4


これでexeファイルにZone.Identifer情報が付加され、再度警告が表示されるようになります。

詳細は以下などを参考にしてみてください。
XP SP2のZoneIdとは?
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/498zoneid/zoneid.html

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント



 
プロフィール
Author:OMEGAT
FC2ブログへようこそ!
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
忍者AdMax
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

amazonお奨め商品



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。