--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-11-06(Sun)

Windows 8 Deveroper Preview のスクリーンショット

せっかくWindows 8 Deveropper Previewをインストールしたので、スクリーンショットなどを載せておきます。

■これが通常のデスクトップ画面です。
win8dp デスクトップ


■Windows 8ではスタートメニューがなくなりそうです。
左下のWindowsボタンをクリックするとメトロに切り替わり、このような画面になります(Windows Phone 7と同じUIですね)。
win8dp メトロ1

インストールしたアプリなどは、最後に表示されていました。
win8dp メトロ2

Windowsボタン上でマウスを画面端まで移動するとこのような画面になりますが、これはスタートメニューではありません。
win8dp デスクトップ-スタート
 
試しにSettingsをクリックすると、このような画面になりシャットダウンや再起動ができます。
win8dp デスクトップ-スタート-設定


■メトロ画面でコントロールパネルを起動すると以下のような画面が起動します。
win8dp メトロ-コントロールパネル
 
設定にはこのようなON/OFFスイッチが多く見受けられます。
win8dp メトロ-コントロールパネル2

ここから、従来のコントロールパネルも呼び出せます。
win8dp コントロールパネル


■言語にJapaneseを選んでいると、一応日本語入力もできるようです。
win8dp 日本語入力


■画面左端にマウスをポイントすると、切り替え可能なウィンドウがプレビュー表示されます。
win8dp ウィンドウプレビュー


■エクスプローラはリボンの採用によりかなりイメージが変わりました。
win8dp explorer1

表示するフォルダにより、リボンの内容は変わります。
win8dp explorer2

win8dp explorer3


■仮想化はVirtual PCではなく、Windows Server 2008で使われていたHyper-Vが採用されています。
win8dp hyper-v

■メトロから起動した画面と、通常のデスクトップから起動した画面は、見た目が違うようです。
こちらはIE10
win8dp メトロ-ie10

win8dp ie10

こちらはリモートデスクトップ接続
win8dp メトロ-rdc

win8dp rdc

■スクリーンショットはありませんが、ブートマネージャもGUI化されていました。

まだベータ版よりも前の段階なので今後変更がかなりあるとは思いますが、タブレットなどを意識したメトロの導入によりかなり操作感が変わることが予想されます。

思い返せば、MS-DOSからWindows 3.1、Windows 3.1からWindows 95、Windows MeからWindows 2000やXPに変わったときにもかなりの変化があり完全に理解するにはずいぶんと苦労した記憶があります。
今回も、それなりの意識改革が必要になるのかもしれません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント



 
プロフィール
Author:OMEGAT
FC2ブログへようこそ!
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
忍者AdMax
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

amazonお奨め商品



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。