--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-04-27(Sun)

Androidからリモートデスクトップ

久しぶりにAndroidでリモートデスクトップを行ってみました。
以前はPocketCloudを使用していたのですが、MicrosoftよりRD ClientがAndroidやiOS向けに公開されていますので、今回はこれを使ってみました。

使い方は非常に簡単で、アプリをダウンロード・インストールし接続先を登録するだけです。
また、接続先ごとにゲートウェイの設定も行えRD GateWay経由での接続も可能です。
マウス操作やキーボード操作も全く問題なく、非常に実用的に感じました。
AndroidにUSBやBlueToothで、マウス・キーボードをつないでいる場合には本当に快適です。

Screenshot_2014-04-25-17-09-18.png

Screenshot_2014-04-25-17-11-52.png

接続先の画面解像度が指定できないのはかなり痛い・・・



今回はついでにRemoteAppで公開しているアプリを起動できるかを確認してみました。
まずAndroidのRD Clientの[RemoteResources]にhttps://サーバーアドレス/rdweb/ を登録してみましたが、RD Clientがこけてしまいました。
サーバーがWindows Server 2008 R2だからかもしれないと思い(Windows Server 2008 R2は動作対象ですが、念のため)、Windows Server 2012 R2で環境を構築し再度アクセスしてみましたが、今度は公開アプリの取得が出来ません。

いろいろな方面から確認したところ、どうも公開アプリの名前が漢字だと取得ができないようで、さらにこの名前によってはRD Clientがこけてしまう?のかもしれません。
公開アプリの名前を半角英数にすると以下のように取得が行えました(私の設定が不十分なだけかもしれませんのであしからず)。

Screenshot_2014-04-25-17-07-03.png


さらにこのアイコンをクリックすると

Screenshot_2014-04-25-17-07-43.png

のようにアプリが起動しました(Androidなのでアプリがフル画面で表示されますが、電卓は画面が小さいので背景が黒くなっています)。



次にRemoteApp Webを試してみます。
Androidブラウザでhttps://サーバーアドレス/rdweb/にアクセスしてみると、問題なく公開アプリが表示されます。

Screenshot_2014-04-25-17-06-15.png


しかし、ここからアプリを起動すると以下のエラーになってしまいました。

Screenshot_2014-04-25-17-06-41.png

今のところ原因不明です。



とりあえず今回はここまでです。
私はインターネット経由でアクセスする際には、L2TP/IPsec等でVPN接続してからリモート接続するのですが。
RD ClientだけでもGW経由でRDP over SSLなどを使い、通信の暗号化を行いリモート接続が可能です。
RD Clientは非常に実用的に仕上がっており、もう少し実用的なテストを行ってみたいと思っています。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント



 
プロフィール
Author:OMEGAT
FC2ブログへようこそ!
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
忍者AdMax
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

amazonお奨め商品



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。