2011年03月の記事一覧

|

≪2011 年02月の全記事一覧へ 2011 年04月の全記事一覧へ≫

--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-03-13(Sun)

REGZA Phone T-01C ワンセグ音声トラブル解決

以前からおきていたトラブルの、ワンセグのみ音声が出ないという原因がようやく分かりました。

T-01Cで色々な作業を行う際に頻繁にロック解除を行うのが面倒なので、No Lockというソフトを入れていたのですが、どうもこれが原因のようでした。
No Lockインストール後、ロック画面が一瞬表示されたりと怪しい動作をしているのも気になっており、画面からNo Lockウィジェットを削除し、No Lockサービスを停止してみたところワンセグが正常になりました。
よく確認してみると、ワンセグの「番組名:取得中」と表示されたあと動作がおかしいなど、音声が出ない以外にも問題が起きていたようです。

念のためNo Lockをアンインストールすると全く正常になり、再度インストールするとやはりワンセグの音声が出なくなりました。

現在はとりあえず、Lock Screen Switch Widget(ロック画面切り替え)というアプリをインストールしてみています。
動作は良好で全く問題は起きていませんが、ウィジェット機能しかなく?アプリケーション一覧にも表示がされないなど少し気になる点もありますので、もう少し他のソフトも探してみようと思います。


充電開始後、すぐに100%になり充電が停止されてしまう問題は別問題と思いますが、こちらは電源をオフにして充電すると正常に充電されるようなので、継続調査中です。


[2011/03/14追記]
ワンセグ音声が出なくなる件は、Lock Screen Switch Widget(ロック画面切り替え)でロック画面が表示されないようにした場合にも現象が発生しました(何かロックとワンセグの音声が関係しているのでしょうか?)。
また、Lock Screen Switch Widget(ロック画面切り替え)がアプリケーション一覧に表示がされない件は、本日のアップデートで直ったようです。

[2011/04/16追記]
最近、Lock Screen Switch Widget(ロック画面切り替え)の調査委もよくないので、アップデートしていたNo Lock 1.05も確認してみました。
結果としては両者全く同じ状況で、起動後1度でもロック状態にしておけば問題なくワンセグの音は出るようですが、起動後ロック解除のままだとワンセグの音は出ません。
どちらかというとNo Lockの方がいい感じなので、再度No Lockに変更しました。
スポンサーサイト
2011-03-11(Fri)

Windows 7のCドライブのプロパティで読み取りを拒否してしまった。

Cドライブのセキュリティ(回復)
Windows 7のCドライブでAUthenticated UsersやUsersやEveryoneの読み取りを拒否してしまうと、かなり悲惨な状況になります。
Cドライブのセキュリティタブ(正常)


普通にクリーンインストールした状態だと、Cドライブの所有者がTrustedInstallerのため、以下のような状況になってしまいます。
・エクスプローラでCドライブの内容を表示しようとすると、「C:\にアクセスできません。アクセスが拒否されました。」となります。
C:\にアクセスできません

・Cドライブのプロパティの[セキュリティ]タブで、アクセス権の確認が出来ません。
Cドライブのセキュリティタブ(異常)

・[続行]ボタンをクリックすると、「アクセス制御エディターを開けません。アクセスが拒否されました。」となります。
アクセス制御エディターを開けません

・[詳細設定]ボタンから所有者を変更しようとしても、同様のエラーになります。
アクセス制御エディターを開けません

・管理者:コマンドプロンプトを起動しようとすると、「指定されたデバイス、パス、またはファイルにアクセスできません。アクセス許可がない可能性があります。」というエラーになります。
指定されたデバイス、パス、またはファイルにアクセスできません


HDDを取り外して別のパソコンにUSBなどで接続すればどうにでもなるのですが、そのような環境がない場合には以下を行ってみます。
まず、Cドライブにアクセス権がない状態なので、Cドライブの所有権を取得しないことにはどうしようもありません。
UACを無効にしている人は、管理者でログオンしてコマンドプロンプトを起動します。
UACが有効の人は、以下の手順でセーフモードでコンピュータを起動し、管理者でログオンしコマンドプロンプトを起動します。
 1. 起動時にF8キーを押します(押すタイミングが分からなければ適度に連打します)
 2. [詳細ブート オプション]が表示されたら、[セーフ モード]を選択しEnterします

[管理者:コマンドプロンプト]画面で、takeown /f c:\ と入力しEnterし、Cドライブの所有者を自分にします。
所有者をAdministratorsにしたい場合には、takeown /f c:\ /a と入力しEnterします。
「成功:ファイル (またはフォルダー): "c:\"は現在ユーザー "xxxxxx\xxxxxx" によって所有されています。」と表示されれば成功です。
takeownコマンド


セーフモードで作業を行っていた場合にはここで再起動して、通常起動で管理者でログオンしてかまいません。

あとはエクスプローラでCドライブのプロパティを表示し、[セキュリティ]タブから拒否したアクセス権を元に戻して終了です。
Cドライブのセキュリティ(回復)


 
プロフィール
Author:OMEGAT
FC2ブログへようこそ!
カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
忍者AdMax
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

amazonお奨め商品



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。