Windows XP の記事一覧

|


--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-03-18(Tue)

Windows XPのサポート終了メッセージ

今日Windows XPを起動すると以下のメッセージが表示されました。

XPサポート終了


ググってみるとすぐに分かりました、これたっだのですね。

“Windows XPのサポート終了のお知らせ”のお知らせ (1/2)
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1403/18/news010.html
スポンサーサイト
2010-07-28(Wed)

Windows XPのrunasでエクスプローラを起動

Windows XPに標準ユーザーでログオンしているときに、管理者モードのエクスプローラを起動しようと、
runas /user:xxxxxxxx explorer.exe
としてみても、エクスプローラは起動されません。

単純にフォルダを開くだけであれば、以下のようなコマンドで可能です。
[IE6の環境]
runas /user:xxxxxxxx "%ProgramFiles%\Internet Explorer\iexplore.exe C:"
runas /user:xxxxxxxx "%ProgramFiles%\Internet Explorer\iexplore.exe C:\test"
runas /user:xxxxxxxx "%ProgramFiles%\Internet Explorer\iexplore.exe ::{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\::{2227A280-3AEA-1069-A2DE-08002B30309D}"

[IE7の環境]
runas /user:xxxxxxxx "%systemroot%\ie7\iexplore.exe C:"
runas /user:xxxxxxxx "%systemroot%\ie7\iexplore.exe C:\test"
runas /user:xxxxxxxx "%systemroot%\ie7\iexplore.exe ::{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\::{2227A280-3AEA-1069-A2DE-08002B30309D}"

[IE8の環境]
runas /user:xxxxxxxx "%systemroot%\ie8\iexplore.exe C:"
runas /user:xxxxxxxx "%systemroot%\ie8\iexplore.exe C:\test"
runas /user:xxxxxxxx "%systemroot%\ie8\iexplore.exe ::{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\::{2227A280-3AEA-1069-A2DE-08002B30309D}"


確認してみると、runasで指定するユーザーのフォルダオプションで「別のプロセスでフォルダウィンドウを開く」を有効にすれば、runasでexplorer.exeを起動できるようですね。
[参考]
Explorerを別のユーザーとして実行する
http://www.atmarkit.co.jp/fsecurity/rensai/securitytips/040explorer.html
※この設定を行うと、同一ユーザーで複数のエクスプローラを起動した場合にも、それぞれが別プロセスとなると思いますが。


この設定を行っておけば、IEのバージョンに関係なく以下のようなコマンドが可能になります。
runas /user:xxxxxxxx explorer.exe
runas /user:xxxxxxxx "explorer.exe ::{20D04FE0-3AEA-1069-A2D8-08002B30309D}\::{2227A280-3AEA-1069-A2DE-08002B30309D}"
runas /user:xxxxxxxx "control printers"
2010-05-10(Mon)

Windows XP HomeEditionで唯一のユーザーを制限ユーザーにした

Windows XP HomeEditionで唯一のユーザーを制限ユーザーにしてしまうと、セーフモードでAdministratorでログオンしても、コントロールパネルからは管理者に変更ができません。

この場合、セーフモードでAdministratorでログオンし、コマンドプロンプトで以下のコマンドを実行し再起動してみてください。

net localgroup Administrators 唯一のユーザー名 /add
たとえば、問題のユーザー名がUserの場合には、以下のようになります。
net localgroup Administrators User /add


このとき入力するユーザー名は、ようこそ画面に表示されているフルネームと異なる可能性がありますので、以下のコマンドで確認してくてださい。
net user
表示されたユーザーの中から該当すると思われるユーザー名を確認してください。
ユーザー名が確認できれば、先ほど説明した以下のコマンドを実行します。
net localgroup Administrators 唯一のユーザー名 /add
2010-05-10(Mon)

Windows XP Professionalで唯一のアカウントAdministratorをポリシーで無効にした

Windows XP ProfessionalでAdministrator以外のアカウントが存在しない環境において、ローカルポリシーでAdministratorを無効にした場合の対象方法です(あまり無いケースだとは思いますが)。

以下の手順でセーフモードで起動します。
1. 起動時にF8キーを押します(押すタイミングが分からなければ適度に連打します)
2. [Windows 拡張オプション メニュー]が表示されたら、[セーフ モード]を選択しEnterします

セーフモードが起動し、ログオン画面になったら、Ctrl + Alt + Delを2回連続で行うと、クラシックログオン画面になりますので、Administratorアカウントでログオンしてみてください。
起動できたら設定を戻すか、別のユーザーを作成してください。


 
プロフィール
Author:OMEGAT
FC2ブログへようこそ!
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
忍者AdMax
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

amazonお奨め商品



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。