IE の記事一覧

|


--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-05-02(Fri)

IEセキュリティホールの対策 MS14-021

ずいぶんと世間を騒がせたIEのセキュリティホール。
現在Windows Updateでパッチが提供されています(XPのIE8用も提供されています)。


マイクロソフト セキュリティ情報 MS14-021 - 緊急
https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/security/ms14-021.aspx

スポンサーサイト
2012-01-21(Sat)

inputタグのtype=fileを使用してファイル選択すると、パスがc:\fakepathになる

先日、イントラネットのWebサイトでinputタグのtype=fileを使用してファイル選択を行うようにしたのですが、ファイル選択すると、パスがc:\fakepath・・・になってしまいました。

これは、IE8以降セキュリティが強化されローカルパスが送信されなくなった為のようです。

好ましくはありませんが、IEの[ツール]-[インターネットオプション]から設定を変更すれば回避可能です。
1.[セキュリティ]タブの[インターネット]を選択し、[レベルのカストマイズ]ボタンをクリックします。
2.[サーバにファイルをアップロードするときにローカルディレクトリのパスを含める]を[有効]にします。
2010-01-18(Mon)

IE7のゾーン

IE6に続き、IE7でゾーンの確認をしてみました。
標準設定のIE7では以下のようになりました。
目的のURLIEのゾーンローカル判断
自サブネットのIPアドレス192.168.1.2インターネットローカルアドレス
自サブネットの単一ラベルコンピュータ名PC1インターネットローカルアドレス
自サブネットの複合ラベルコンピュータ名PC1.domainインターネット非ローカルアドレス
別サブネットのIPアドレス192.168.2.1インターネット非ローカルアドレス
別サブネットの単一ラベルコンピュータ名PC2インターネットローカルアドレス
別サブネットの複合ラベルコンピュータ名PC2.domainインターネット非ローカルアドレス

IEのゾーンは、全てインターネットゾーンとして判断しました(ドメイン環境は除きます)。

ただし、IE7の[ツール][インターネットオプション]の[セキュリティ]タブで、[ローカル イントラネット]サイトの設定で、「イントラネットのネットワークを自動的に検出する」のチェックをはずし、他の3項目を全てチェックするとIE6と同じ設定になります。
ローカルアドレスの判断は、IE6と同じで自分の属するサブネットのIPアドレス、もしくは単一ラベルコンピュータ名がローカルアドレスという判断でした。
2010-01-17(Sun)

IE6のゾーン

IEにはゾーンというものが存在します。
具体的には[インターネット][イントラネット][信頼済みサイト][制限付きサイト]です。
[信頼済みサイト][制限付きサイト]については、自分で登録したサイトが該当しますが、[インターネット][イントラネット]はどのように判断しているのでしょうか。
またIEの設定中に[ローカルアドレスにはプロキシサーバーを使用しない]というものがあります。
この[ローカルアドレス]とは何なのでしょうか。
ということで、検証してみました。

自分のパソコンは以下の設定です。
NetBIOS名 :PC0
IPアドレス:192.168.1.1/255.255.255.0
ブラウザ :IE6

IEを立ち上げURLに以下を入力したときの結果を確認しました。
目的のURLIEのゾーンローカル判断
自サブネットのIPアドレス192.168.1.2インターネットローカルアドレス
自サブネットの単一ラベルコンピュータ名PC1イントラネットローカルアドレス
自サブネットの複合ラベルコンピュータ名PC1.domainインターネット非ローカルアドレス
別サブネットのIPアドレス192.168.2.1インターネット非ローカルアドレス
別サブネットの単一ラベルコンピュータ名PC2イントラネットローカルアドレス
別サブネットの複合ラベルコンピュータ名PC2.domainインターネット非ローカルアドレス

上記のような結果になりました。
IEのゾーンは、単純に単一ラベルコンピュータ名の場合にはイントラネット、以外はインターネットと判断するようです(ドメイン環境は除きます)。
ローカルアドレスの判断は、自分の属するサブネットのIPアドレス、もしくは単一ラベルコンピュータ名がローカルアドレスという判断でした。

また、[インターネット][イントラネット]の判断については、IEのインターネットオプションの[セキュリティ]タブの[イントラネット]の設定で3つの項目のチェックをはずすことにより強制的にインターネットサイトにしてしまうことが可能です。
さらに、個別のURLを[インターネット]サイトに登録したい場合には、ポリシーの[ユーザーの構成][管理用テンプレート][Windowsコンポーネント][Internet Explorer][セキュリティ ページ]の中の「サイトとゾーンの割り当て一覧」を有効にし、「表示」ボタンをクリックしインターネットに設定したいサイトを値を3で登録します。
サイトは、以下のように表現します。
http://Server1、Server1、http://IPアドレス、IPアドレス、など
※基本的には部分一致となります

また、値の意味は以下の通りです。
1:イントラネットゾーン
2:信頼済みゾーン
3:インターネットゾーン
4:制限付きゾーン


今回はIE6の検証しか行っていませんが、時間があればIE7やIE8も行ってみたいと思います。


 
プロフィール
Author:OMEGAT
FC2ブログへようこそ!
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
忍者AdMax
検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

amazonお奨め商品



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。